<< キングローズのポール仕立て 小さな戦士 >>

オールドローズのオベリスク仕立て

f0185603_929977.jpg
今年はオールドローズの『マダム・ピエール・オジェ』をオベリスク仕立てにしてみました。
斜め45度以上曲げる事により枝全体に栄養を送ります。(頂芽優勢(ちょうがゆうせい)を逆手に取ります)
枝が重ならない様に15cm~20cmほどの間隔をあけて均一に枝を巻いて行きます。
また、枝が沢山あるバラのオベリスク仕立てをする時は、太くて長い枝から誘引するのがコツです。
オールドローズは本格的なつるバラの様に、茂り過ぎて困る事はありません。
お庭にナチュラル感を出したい時や、フォーカルポイントを作る時には最高の品種ですよ!
バラのタワーが完成した時は、誰もが息を呑む豪華さ!!!
ぜひ、チャレンジしてみては如何でしょう!

※オベリスク仕立てに不向きなつるバラもありますので、注意して品種選びして下さいね!

○不向きな品種(ラージ・クライマー)
・つるが3m以上伸びる品種
・枝が太くて曲げるのが困難な品種

○オベリスク仕立てに向く品種(シュラブローズ・オールドローズ・枝変わりつるバラ・つるバラの一部)
・枝がしなやかで細い品種
・つるが2m以上3m未満の品種
[PR]
by syu402222 | 2009-04-17 09:31 | バラの誘引
<< キングローズのポール仕立て 小さな戦士 >>