<< ゚.+:。壷型クレマチスの口の... ゚.+:。クレマチスの挿し木゚... >>

夏にも石灰硫黄合剤!?

久々に庭に出れた~~~!!!たったそれだけで心は安らぐ・・・安い男です(。→ˇܫˇ←。)ププッ

今日は珍しく朝7時前に起き、ウッドデッキの植物を駐車場に並べて日光浴!と思いきや雨ふり。
やっぱりまた庭に出れないか!?と思いましたが、なんとか晴れ間も覗いてきて一安心♡
その隙を見て黒点病で落葉した葉を全て取り除き、希釈した石灰硫黄合剤を片手に持つ。
発生した黒点の病原菌は土の上で3ヶ月、枝の表面に6ヶ月も存在し続けますf(-c_´-。)━・・・
新芽が伸びてもすぐに黒点病が発生するのを防ぐために石灰硫黄合剤で殺菌消毒。
ハダニも発生してましたので、これで死滅してくれるでしょう・・・
f0185603_18335413.jpg

特に黒点病が酷かった『マダム・ピエール・オジェ』の葉は全て取り除いて殺菌しました。
(黒点病の葉が少しでも残っていたら殺菌消毒の意味がありませんので全て取り除いて下さい)


*注意点*
新芽は薬害の影響を受け易いので、新芽には散布しないで下さい
土の表面にも散布する事もお忘れなく!
[PR]
by syu402222 | 2009-07-18 18:43 | バラの消毒
<< ゚.+:。壷型クレマチスの口の... ゚.+:。クレマチスの挿し木゚... >>